2019年2月18日月曜日

2月18日犯罪イヤの日の活動に参加しました!

中川区建設業防犯協会では、標記の行事に参加しました。
ご参加頂いたのは(順不同敬称略)
恒川建設(株)飯田章、合資会社中島工務店岡山徹、栄和産業(株)山本慎一、(株)おかむら森部俊彦、ニッセツ(株)濱口・土井、三建工業(株)武波、太洋基礎工業(株)野下隆雄、(株)山田組筆者の皆さんです。
他に参加されたのは、荒子レディス・ピース隊、常磐学区防犯推進委員の皆さんです。
最初に、中川警察署生活安全課の係官より「空き巣の被害が止まりません!防犯上の対策を訴えながら啓発用ティシュを渡し、防犯広報をお願いします。」との話がありました。
参考
空き巣防止の対策
1 窓には補助錠を付けましょう!
2 窓枠警報器を取り付けましょう!
3 シャッターを有効に活用しましょう!
4 在宅を装うため留守でも明かりを付けたりラジオを音を出しましょう!
基本は鍵かけ!プラスワンの対策を!
今日参加された皆さんです!
八田駅前は人通りもまばらでしたので、ゆっくりと広報活動ができました!
次回は、3月18日です。よろしくお願いします。

2019年1月18日金曜日

1月18日犯罪イヤの日の活動に参加しました。

会員の皆さま!今年もよろしくお願いします。
本日16時からJR八田駅前で行われた標記の行事に参加しました。
ご参加頂いたのは(順不同敬称略)
恒川建設(株)飯田章、梅村建設(株)梅村将幸、合資会社中島工務店岡山徹、栄和産業(株)山本慎一、(株)おかむら野呂理才、ニッセツ(株)北川・関、太洋基礎工業(株)伊藤太優・李賢敍、(株)山田組筆者の皆さんです。
他の団体で参加されたのは、常磐学区防犯推進委員、荒子レディス・ピース隊の方々でした。
行事の開始に当たり、中川警察署生活安全課の係官より、今日の活動内容についてのご指示がありました。
「ニュース等でご存じと思いますが、名古屋市内全域でひったくり犯罪が多発しています。バイクを使い女性のハンドバックや自転車の前篭にある荷物を奪う手口です。これからひったくり防止の啓発ティシュを配布して頂きますが、よろしくお願いします。車道側の手でハンドバッグを持っている方には”反対側の手で持つように”指導して下さい。」とのお話がありました。
社内でも、被害防止の呼びかけを行いましょう!

2019年1月10日木曜日

1月10日 道路維持機能回復プロジェクトに参加しました。

会員の皆さん明けましておめでとうございます。
中川区建設業防犯協会では、標記の行事に野下・藤井の2名が参加しました。
他に参加されたのは、中部電力㈱、中川区役所のみなさんです。
最初に、中川警察署生活安全課の係官より昨年の犯罪発生状況についての説明がありました。中川署管内での刑法犯発生総数は1588件(11月末統計)、前年より422件減少させることができたこと。住宅対象侵入盗の県内ワーストワンを返上できたことが成果として報告されました。
続いて、「自転車盗については398件で刑法犯の発生件数を押し上げています。刑法犯総数を減少させるには比率の多い自転車盗を減少させることが最も効果がある対策だと考えています。発生状況を見てみると、この高畑で集中して発生しており、高畑地区の自転車盗防止活動を徹底させることが重要だと考えています。このため今回も啓発用のステッカーの貼付などをお願いします。」
とあいさつがありました。
本日ご参加いただいた方々です。
この冬に入って最も気温の低い日の活動となりましたが、ステッカーがなくなるまで自転車置き場のツーロックのない自転車への取り付けを行いました。
毎回行っていますが殆どの自転車がワンロック、息の長い活動になりそうです。
ご苦労様でした。2月3月の10日は休日のため次回は4月10日となります。

2018年12月10日月曜日

12月10日 道路維持機能回復プロジェクトに参加しました!

中川区建設業防犯協会では12月10日地下鉄高畑駅周辺で行われた標記の行事に参加しました。他に参加された団体は、中部電力㈱、中川区役所の皆さんです。
荒子郵便局前に集合し、中川警察署生活安全課の係官より「中川署管内では11月までに398件の自転車盗が発生しています。その内52件がこの地区に集中しています。盗まれた自転車の6割は無施錠の自転車です。今日は高畑駅駐輪場付近で、啓発ステッカーの貼付と啓発ティシュを配布して自転車盗防止の啓発キャンペーンを行ってください。」とご指示がありました。
啓発ティシュには被害防止のポイントとして三つのポイントが書かれています。
① ツーロックしましょう
② 鍵をかけましょう
③ 明るい整備された駐輪場に止めましょう
です。
今日お集まりいただいた皆さんです。
高畑駅駐輪場内で啓発ステッカーを貼付します。
活動を終えて満足げな野下事務局長です。ご苦労様でした。
中川区建設業防犯協会から参加したのは、大洋基礎工業(株)野下隆雄、(株)山田組藤井博治でした。
次回は、来年1月10日同じ場所で行われる予定です。
皆さん!よいお歳を💛




2018年10月18日木曜日

10月18日犯罪イヤの日の活動に参加しました。

 中川区建設業防犯協会では、16時からJR八田駅前において行われた、標記の行事に参加しました。
 参加会員は(順不同敬称略)
 太洋基礎工業(株)野下隆雄・李賢敍・伊藤太優、恒川建設(株)恒川正善・飯田章、栄和産業(株)山本慎一、(株)おかむら森部俊彦、合資会社中島工務店岡山徹、ニッセツ(株)田中淳也、(株)山田組藤井博治の皆さんです。
 他に参加されたのは、常磐学区防犯推進委員の皆さんでした。
 本日の活動重点について、中川警察署生活安全課の係官は
「最近、振り込め詐欺の電話が活発化しています。啓発用のティシュを配りながら、犯罪予防広報をお願いします。ティシュにチラシを入れておきましたが4っの注意点を書いたチラシを入れてありますのでよろしくお願いします。」と挨拶がありました。
このセリフだけは気をつけて!
① 息子や孫、娘などを名乗り~携帯電話が変わった!落とした!カバンを落とした!盗まれた!小切手がカバンの中に!
② 銀行を名乗り~キャッシュカードの暗証番号を教えて!
③ 役所を名乗り~還付金の手続きをATMで!
④ 葉書やメールで~未納金があるので裁判になる!
これは詐欺です!家族に確認したり、警察に通報しましょう!
本日の参加者です。
野下事務局長も頑張っています。配り終えた安堵の表情!
読者の方で、お年寄りにお知り合いのある方は「4っの注意点を教えてあげて下さい。」


2018年10月11日木曜日

10月11日道路維持機能回復プロジェクトに参加しました。

中川区建設業防犯協会では、小雨の中、高畑駅駐輪場で行われた標記の行事に参加しました。
参加したのは太洋基礎工業(株)3名、(株)山田組1名です。他の団体では、中川区役所、中川土木事務所、中部電力(株)の皆さんでした。
中川警察署生活安全課の係官より「今日は雨模様なので、自転車盗防止のステッカーをツーロックしていない自転車に取り付けて下さい。それから”還付金詐欺”が多くなっているので通行人に啓発用のメモ帳を渡して広報して下さい。」とお話がありました。
自転車盗野防止には①防犯性の高いシリンダーキー、ティンプルキーなどを取り付け、二つ目の鍵はワイヤー錠が効果的です。②何時でもどこでも自転車を止めたら鍵を掛ける習慣を付けましょう。中川区内今年298件の内無施錠が178台ありました。③自転車を止めるのは明るい整備された駐輪場を使いましょう。
というお話がありました。当協会の野下事務局長も一生懸命に防犯活動に励んでおられます。
小雨の中ご苦労様でした。

2018年9月27日木曜日

秋の安全なまちづくり県民運動の実施などについて

 9月27日14:00から、中川区防犯協会連合会理事会が中川警察署で開催され、標記の運動の進め方などについての打ち合わせが行われました。
 検討に先立ち宮崎連合会長や中川警察署長の挨拶、犯罪情勢の説明がありました。
挨拶の趣旨は、
「皆さんの活動の成果として中川区の犯罪発生率は八月末現在で刑法犯総数1153件昨年同期増減数-340件、増減率-22.8%で非常に良い成果を上げているが、問題なのは住宅対象侵入盗の発生が八月現在で90件発生し増減数は+34件と県下でワースト3位(愛知県は全国ワースト1)であった。
 このため8月に警察本部から50基の防犯カメラを借りて多発地帯に設置したほか、各種防犯団体による自主防犯活動、青パトの出発式等を行い多発地区への重点投入などを行っていただいた他、重点捜査による常習窃盗犯の検挙などの対策を講じた結果、八月以降の住宅対象侵入盗の発生は激減している。皆さんの活動に感謝します。」
とのお話がありました。
次に、議題の審議で
1 ”秋の安全なまちづくり県民運動の実施”についての推進要領が提案され
  期間は10月11日から20日までの10日間
  運動の重点を以下の5点としそれぞれに対策を講ずる。
   住宅を対象とした侵入盗の防止
   自動車盗の防止
   特殊詐欺の被害防止
   子どもと女性の犯罪被害防止
   暴力追放運動の推進
2 模範青年表彰者の推薦状況について
があり、原案どおり採択されました。
第二部は、防犯設備アドバイザーの矢追講師から、ガラス割りの実演、侵入盗防止グッズの紹介がありました。
ガラス割りでは、普通の窓ガラス、金網入りの窓ガラス、合わせガラス、防犯ガラスを実施にハンマーで叩きそれぞれの特徴を説明していただきました。
 普通の窓ガラスは簡単に粉々に割れてしまう。
 金網入りの窓ガラスは火災の際の延焼防止のために作られたもので防犯上の効果はない。
 合わせガラスは自動車の側面ガラスと同じでハンマーには強いが、脱出用工具を使いと粉々に砕けてしまう。
 防犯ガラスは特殊なフィルムが貼ってあり何を使っても簡単には破られない。
防犯対策の肝
泥棒は、時間(簡単に入られない工夫)、目(近所の人の目、防犯カメラの目、ドアホンなど)、光(防犯灯、センサーライトなど)、音(人感センサー、威嚇サイレン、窓用センサー、ガラス破壊センサー、防犯砂利など)に弱いので、これにそって防犯設備の強化を図っていただきたい。
といった趣旨の講義がありました。

その他
レクサスをお持ちの方
平成27年、28年製造の車が狙われています。
何故か?無理にドアを開けたときの警報センサースイッチが出荷時にoffになっており、警告音が出ないので泥棒にとって好都合、販売店でonの設定にしてもらって下さいとのことでありました。
(文責筆者)